余白のある暮らし

必要最低限の好きなものに囲まれて暮らしたい。自然派食品、製品に興味あり。夫、幼児2人の家族と一緒にお金も心も余白のある暮らしが理想。

おうちでできるシュタイナー

 

 

またまたまたまたクーヨンです。

 

 

シュタイナー、なじみのない言葉でしたが、モンテッソーリときくと、シュタイナーもきくようになりました。

でも、実際どんなものなのか、は分からずでしたが、この本に書いてありました。

 

 

シュタイナーの視点から暮らしの工夫、大人のあり方などもかいてあり、すぐに実践できるものもあったので、少しずつ取り入れていこうと思います。

 

例えば、小さくてもいいから創造的な暮らしづくり、早寝早起き、庭仕事、家の仕事、にじみ絵、否定せずに伝える(走っちゃダメ→ゆっくり歩いていいよ)

私が気になった一部ですが、面白そうだなと思うのと、日々やってることや意識したらできそうなこと、はやってみたいですね。

 

 

まだまだ知識的にははじめまして、ですが、シュタイナー、きいたことあって、知りたいなって人はぜひ。

 

育児で学ばないなんて!大人のマネジメント力

f:id:tokikotoba:20200407172555j:image

 

またまたクーヨンです。 

 

育児から学ぶ

マネジメント力!

 

 

育児から学ぶこと沢山ありますよね。

 

子どもから教えてもらうこと沢山あって、子どもってすごいな、って思うんです。

 

大人より寛大です。

 

この本を読んでいて、

素敵だなと思った言葉。

 

「子育ては未来を作る仕事。」

 

子育てが困難で、辛いって思うこともあるけど、確かに面白いなって思うことや、自分が学ばせてもらうことが沢山ある。

 

すごいことだな、と思うんです。

 

体験する出来事も感情もぜんぶ。

 

その時だけしか味わえない。

 

 

この時期、好きなことができない、1人の時間なんてない、それが辛いと思うこともある。

けど、今しか味わえないことも沢山ある。

きっと、手が離れてしまったら、恋しくなるんだろうなぁ、って今から思います。

 

 

育児で学ぶことは仕事にもパートナーシップにもつながる。

 

本当にそうだな、無駄になんかならず、役立つことが沢山ある、そう思いました。

 

興味がある方は、ぜひ、読んでみてください。

 

ではでは〜。

 

 

 

こころとからだひと目でわかりたい。

 

またまたクーヨンです。笑

 

 

今回借りた本はクーヨン率高めです。

 

 

子どもについての体調のこととか、

どんなふうにみたらいいのか、

いろんな視点からかかれてておもしろいです。

大人にも食事などは使えるのもあるなぁ、と思いました。

 

 

 

体に触れる、って思ってる以上に大切で、子どもの変化にも気がつけるなって感じました。

 

ほんで、やっぱり体で触れ合ってスキンシップとって、子どもの気持ちとか思いとか、言葉だけじゃなくて、受け止めるってすごく大事、だと改めて思ったので、帰ってきたら抱きしめよう、と、改めて思ったのでした。

 

 

子どもの体調のことは常に気になるとこですよね。

 

とても参考になるので、ぜひ。

 

 

ではでは。

怒鳴る、脅す、叩く育児

f:id:tokikotoba:20200407165000j:image

 

はい、クーヨンです。

好きです。笑

 

 

子育て真っ最中な私ですが、

イライラすることは多々あります。

 

理想の育児は子どものことほめて、

必要なときには叱る、

あるがままを受け止めて、

向き合い、

日々、幸せだといいながら

子育てがしたい。

 

 

そう思うのです。

 

 

なかなかね、現実難しいな、と思うのですよ。

 

そんな時の対処法がまとめてあります。

 

わかってるけど、なかなかできない、なんてことも多々。

でも、これを読んで改めて再確認するんです。

 

 

でも、世の中のお母さん、みんな頑張ってると思うんですよね。

 

私もまだまだ、だと思うけど、

初めての子育てなんだから、

子供と一緒に成長していく、

それでいいと思うんです。

 

自己嫌悪になるときも、

悲しくなって情けなくなるときも、

申し訳なくなるときも、

いっぱいあるけど、

抱きしめられるときに抱きしめたり、

愛してる、って伝えたり。

 

大丈夫、

だいじょうぶ。

 

 

自分も労る、大事なことですよね。

 

 

ぜひ、困ったらこの本を。

感じる力を取り戻しココロとカラダをシュッとさせる方法

 

 

f:id:tokikotoba:20200406165432j:image

 

 

なんとなく身体がだるい、とか

不調だとか、

現代の暮らしの中では否めない、

そんな感じがあります。

 

なんとなく、です。

 

でも、それを感じるを復活させる

そんな方法を、それを楽にさせる

そんな方法がかかれてます。

 

 

一部、ネタバレするとストレスはあごにでる、らしい。

これ知らなかった〜。

でも、日々食いしばるほどではなくても、結構緊張状態にあるなぁ、と感じてます。

 

そんな緊張を緩めていく、

それをすることで身体が楽になる、

いくつかかいてあり、そんなに難しくなく、やってみると少し楽になったを感じれる、そんな方法です。

 

 

これはしてみる価値あり。

 

 

なんとなく、を感じてる人

 

ぜひ、読んでもらいたいです。

 

 

ではでは。

 

 

ゆっくり親になりましょう

f:id:tokikotoba:20200405203624j:image

クーヨンです。

とても、推します。笑

 

 

 

この本をみると全国には色んなところがあるんだな、色んな取り組みがあるんだな、と感じます。

 

私は今ここにいてこの地域のことしか知らないけど、色んな世界があっておもしろいなぁ、とワクワクします。

 

 

忙しい今だからこそ、ゆっくり親になる、子供の成長をみていく、大切にしていくことが5つかかれてました。どれもできそうなことだから、少しずつやってみようと思います。

 

眠り

運動

食事

繰り返しのある生活

意識的な関わり

 

大人が待つ、って結構おざなりにしがちなんですけど、これをすることで子供は自信と考える力をつけていくのです。ね。

 

 

とっても大事なこと。

 

 

親の私が自己肯定感が低いので、これは私も整えていくところですが、子どもにはそうなってほしくない、そう思うからこそ、一緒に成長していきたいですね。

 

 

私は常に成長していく人間でありたいです。

 

 

 

このクーヨンも面白かったです。

 

 

ではでは。

 

本日三冊目でした。

時間の使い方を変えたい!

f:id:tokikotoba:20200405200603j:image

 

雑誌なので、さらさらっとみれるメリット。

 

実際にしている方法などが取り上げられていてみやすかったかな。

ただ、それを取り入れるかどうかはまた別だけど。

 

 

ご飯のレシピが美味しそうで参考にしてみよう、と。

 

 

あとは、なかなか私にはハードル高そうだけど、一週間怒らない生活をしてみる、ってこと。

 

 

これ、ちょっと一度チャレンジしてみたいな、と思いました。

 

ではでは。

 

本日二冊目の本でした。